HOME>特集>口紅などをつけた状態で受診すると支障をきたすので注意

手術ではネイルアートも禁止となる

インプラント

インプラントを埼玉の歯科医院で受診する時には、化粧に注意しなければなりません。どうしても埼玉の歯科医院まで外出をしなければならず、マスク着用で化粧が崩れるかもしれないとこだわってしまうと治療に影響を与えてしまいます。歯の治療なので他の部分は関係ないと思われがちですが、実はネイルアートも注意しなければなりません。ネイルアートや付け爪を着用していると、手術を行っている時は体内の酸素濃度をチェックする器具を爪につけるため正常に測れなくなってしまいます。そうなるとインプラントに関する施術に影響が出てしまうため、施術を行う際には外すようにしましょう。

正常な判断ができなくなるので注意

埼玉の歯科医院でこれからインプラント治療を行うにあたって、口紅などを極力つけずに受診するようにしましょう。化粧を施してしまうと、時にはインプラント治療で顔の上から減菌された布を被せながら施術を行っていきます。その時に濃い目の口紅などを塗った状態にしていると、歯の中だけでなく顔色や血管の状態までチェックするため正常な判断を行うことができなくなってしまいます。埼玉の歯科医院でもインプラント治療に関する手術を行うことがありますが、正常にカウンセリングなどが行えないと危険な状態で手術に進んでしまうこともあります。担当医が正常な判断ができるように、極力口周りの化粧を行わないよう注意しなければなりません。

広告募集中